三田一丁目町会防災連絡会の役割

避難所は一義的には家が壊れて住めなくなった人たちを収容する場所となります。赤羽小の規模で収容できる人数は赤羽小地区防災協議会のエリア内人口に対してごくわずかです。また、全国からの救援物資は避難所に送られますが、在宅避難者それぞれが避難所に問い合わせても避難所が混乱することが想定されるため、計画的な配布など地域でまとまって対応することが必要になります。

そのため、三田一丁目町会では、三田一丁目町内のマンション・事業所等が、三田一丁目町会と共に災害への備えと、災害発生時の対応について情報を共有し、防災についての取り組みを進め、災害発生時におけるマンション・事業所内避難の準備促進と意思統一を図ることを目的として、三田一丁目防災連絡会を立ち上げました。

今後は地域の皆様と情報を共有し、課題を話し合い、このエリアの特性に合わせた地域防災タイムラインを作成・共有し、減災につなげていきたいと思います。

三田一丁目町会防災連絡会開催状況

第3回 三田一丁目町会防災連絡会開催 予定

 日 時:2022年9月3日(土) 10:00より

 場 所:元神明宮参集殿

 「その時どうする、災害時の水とトイレ」と題して、防災アドバイザーの話を伺い、質疑を行っていきます。

 集合住宅における在宅避難時に大きな問題となるトイレと水、一緒に考えていきましょう。

 

第1回 三田一丁目町会防災連絡会 2022年1月29日 開催

 港区講演

 <港区の震災対策>

  〇 集合住宅における在宅避難の考え方の説明 (在宅避難のすすめをご覧ください

  〇 集合住宅の防災計画等の立案援助、防災アドバイザーの派遣、防災用品の配布など

第2回 三田一丁目町会防災連絡会 2022年5月21日 開催

  〇 防災アドバイザー(港区より派遣)講演

    『マンションにおける(災害への備えと、発災時の対応)』

    首都直下地震の災害想定と在宅避難のメリット・デメリットの講演がありました。

  〇 自家用発電機の始動(実演)

  〇 その他、今後の活動等について(第3回は「その時どうする、水とトイレ」を予定しています)